スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバゲーからの手紙

モバゲーのマキって人からメールが来た

more...

スポンサーサイト

リップスライムブログパーツ


FireFoxで見ると壊れるので気を付けてください。

マイクロソフトが長音表記ルールを変更!

個人的にかなりのビッグニュースだったこのニュース。

マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、以下マイクロソフト)は、外来語カタカナ用語末尾の長音表記について、今後の製品やサービスの開発において国語審議会の報告を基に告示された1991年6月28日の内閣告示第二号をベースにしたルールへ原則準拠する方針を決定しました。今後、弊社製品ならびにサービスの将来のバージョンにおいて、この長音表記ルールに順次移行することを発表します。

 これまでマイクロソフトでは、外来語カタカナ用語末尾の長音処理に関しては、JIS 用語や学術用語に規定されていない用語について、「2音の用語は長音符号を付け、3音以上の用語の場合は(長音符号を)省くことを “原則” とする」主旨の規定に則した表記ルールを採用していました。しかしながら、コンピューターの普及が進み、技術進歩とともに過去のハードウェアおよびソフトウェアの制約が解消されつつある現状を受け、今後は、より自然な発音に近い表記を採用します。


http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3491より引用


それに対する森治郎客員教授の見解がこちら

 コンピューターかコンピュータか、モニターかモニタか、ユーザーかユーザか…いずれも前者が一般社会の常識である。ところがIT社会では後者が幅をきかせてきた。後者は英語発音への誤解に基づく「長音符号省略」原則の決定に端を発している。そのために日本語全体がおかしくなろうとしている。それが正されるかもしれない。ITの世界を一般の社会に近づける今回の決定を評価し歓迎したい。


同サイトより引用



感想:大げさすぎ

theme : パソコン豆知識
genre : コンピュータ

プロフィール

鈴木・J・修一

Author:鈴木・J・修一

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

emo[エモ]

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。