スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Flex]複数ColumnSeriesを設定したColumnChartのDataTipをカスタマイズする方法

Flexのチャートのデータチップは、dataTipFunctionを設定することで簡単にカスタマイズできるのですが、複数のColumnSeriesを指定したチャートで、カーソルを合わせた部分のデータチップを表示させるのには、少しコツがいります。いやコツがいるって程でも無いのですが、私はハマったので、やり方を記載しておきます。

{Month:"Jan", Profit:2000, Expenses:1500},
{Month:"Feb", Profit:1000, Expenses:200},
{Month:"Mar", Profit:1500, Expenses:500}

こんな感じのデータでが入ったチャートで、Profitの棒にカーソルを合わせたときにはProfitの数値を、Expensesの棒にカーソルを合わせたExpensesの数値を表示するよう設定したい場合、dataTipFunctionに次のような関数を指定するとうまくいきます。


public function dataTipFunc(hd:HitData):String {
var yField:String = ColumnSeries(hd.element).yField;
    var displayName = ColumnSeries(hd.element).displayName;
return "Month:" + hd.item.Month + "<BR>"
+ displayName + ":"+hd.item[yField];
}

やり方が分かれば簡単ですね。
ぜひ一度お試しあれ。
(Flex2.0で確認しています)

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

鈴木・J・修一

Author:鈴木・J・修一

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

emo[エモ]

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。