スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアへ・・・

何年ぶりの更新でしょうか。中欧旅行記の続きです。

ルーマニアからブルガリアを経てヨーロッパとアジアの中継地、イスタンブールへ移動した。
本当は夜行船で行く予定だったのだが、どうも夜行船は運行を中止していたらしく、今回の旅で初めてとなる夜行バスでの移動となった(バスでの移動は体力の消耗が激しいのでなるべく避けるようにしていた)。

ブルガリア田園
ルーマニアかブルガリアかどっちかの田園


ブルガリア建物
ルーマニアかブルガリアかどっちかの建物
国旗がブルガリアなので、多分ブルガリアだった気がする。

ブルガリア夕暮れ
夕暮れ。
時間的にブルガリアのはず。
夜行バスは、昼過ぎにルーマニア出発して夜間にブルガリアを通過し、早朝にトルコに着くという超ハードスケジュールで運行されておりました。

トルコおっちゃん

バスの中でオーストラリア人のおっちゃん。
入国審査のときにビザをなくしたり、かなりのトラブルメーカーぶりを発揮していた。

バスはまだ陽の陰も見えない早朝5時ごろに、インスタンブールの町はずれのバスターミナルに到着。
かなりガラの悪そうな雰囲気の場所で、ガラの悪そうなタクシーがたむろしていた。
しかし当然この時間に公共の交通機関が動いているわけもなく、困り果てていたのだが、↑のおっちゃんがタクシーで行きつけのホテルへ向かうというので、私も付いていくことにし、二人でガラの悪そうなタクシーに乗り込んだ。

改造を施されていると思われるタクシーメーターは、乗車と同時にメーターはぐんぐんと上がっていき、結局おっちゃんは5分ほどのタクシー乗車に30ユーロくらい支払うハメになった。(この点、私はこのおっちゃんと同行できて本当にラッキーであった。自分一人であの金額を払っていたと考えるとおそろしい)。

ホテルに着きおっちゃんと別れて、宿を探しているとだんだんと陽も明けてきた。
今日から約10日ほどのトルコ滞在が始まる。

トルコの朝焼け
朝焼けに染まるモスク。
イスタンブールにはヨーロッパとは明らかに異なる風景が広がっていた。















スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

鈴木・J・修一

Author:鈴木・J・修一

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

emo[エモ]

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。