スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六日目:チェスキー・クルムロフにはガッカリデス

オーストリアを脱出し、今日からチェコへ。
プラハへ向かう途中、チェスキー・クルムロフっちゅう、小さな城下町に立ち寄りました。
この街、世界で最も美しい街のひとつ(←前にもどっかで聞いた気が・・・)という触れ込であり、ユネスコの世界遺産にも指定されております。私の期待値はいやおうにも高まっておりました。
・・・が、実際にはこの街はかなりのトンデモ世界遺産でした。
まず、写真等でも有名なチェスキー・クルムロフ城をはじめとする、多くの古風の建物の壁はペンキで塗られたフェイクの壁です(材質は多分コンクリート)。

 そして城下町には昔ながらの静かな街並み・・・は全く残っておらず、以上に商売熱心なお土産屋と、観光客向けのケチなレストランが軒を連ねております。
 そして、通りを埋め尽くすのは、国内外から集まった観光客、人、人、人の群れ・・・。

 まあ行って後悔したとまでは言わないけど、満足度的にはかなりの下方修正を強いられた街でした。

gaıken

旧市街の外から見渡した、チェスキー・クルムロフ城と旧市街の眺め。
外から眺めている分にはいいんだけどね・・・

tower

チェスキー・クルムロフのシンボルである塔。
写真の下段には、レンガで造られたように見える部分もありますが、
全てペンキで塗られたフェイクです。

uekara

チェスキー・クルムロフ城から見渡した旧市街の眺め。
上から眺めている分にはいいんだけどね・・・

brıdge

旧市街の近くを流れる川とそこにかかる橋
車が走るとガンガン音が鳴り響きます。




スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

鈴木・J・修一

Author:鈴木・J・修一

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

emo[エモ]

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。