スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十五日目:地下は地下でもヴィエリチカ

クラクフ近郊の世界遺産で世界最大の塩坑、ヴィエリチカへ行って参りました。
このヴィエリチカ名前が示すとおり地下にあるのですが、地下に潜るまで、そして地下に潜ってからもただひたすら歩かされます。塩坑内はかなりいい感じで観光用に改造されており、明るく楽しく安全に歩いて回ることができます。どうせなら、実際に坑夫が行っていたようにランタンを持って暗闇の中を歩いて回れるようにしてくれたほうが、より雰囲気がでると思うのですが、それもなかなか難しいのでしょう。

感想というか結論としては、別にここは来なくてもよかったかなと・・・


P8040004_800.jpg



塩坑に入ってすぐお目にかかれる、有名なコルペニクスの像
ふーん、って感じ。


地価の広場


塩坑内に広がる広大な空間。
礼拝堂とかもある。
カイジが作ろうとしていた地下帝国っていうのはこんな感じなのだろうか?


最後の晩餐


最後の晩餐です。
スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

tag : 中欧 東欧 写真 ポーランド ヴィエリチカ 塩鉱 世界遺産

comment

Secret

プロフィール

鈴木・J・修一

Author:鈴木・J・修一

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

emo[エモ]

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。