スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十七日目:ヴィシェグラードからドナウベンドを見下ろした

ドナウ河の曲がり角ドナウベンド。
その景観を一望できるのが、ヴィシェグラードの山頂にある要塞です。

要塞自体は大したことないのですが、そこから見下ろしたドナウ河のほとりはまさに絶景。最初は、 わざわざ川見るために一日かけてこんな田舎まで来るのはいかがなものかな?とも思っていたのですが、一日かける価値は大有りでした。

 

青く雄大な流れをたたえるドナウ河を中心にその周りに深い緑の山々がそびえ、山の合間に赤い屋根の家々が立ち並び、 その間を列車がサーッと駆け抜けていく。カッコよすぎる!!!本当に精巧に作られたジオラマを見ているかのような風景でした。

ブダペスト(ハンガリー)をお訪ねの際は、ぜひヴィシェグラードにもお立ち寄りを・・・。高いところが好きな人にはかなりのお勧めです。

P8060058
ヴィシェグラード行きの船着場。
駅員さんに言われるままに列車に乗って出発したところ、なぜかヴィシェグラードの対岸の街(村?)で降ろされました。
駅と食堂と船着場があるだけの、本当に何もない街です。
結局ここで一時間待たされる羽目に・・・。

P8060072
犬の船長さん

 

P8060085 

 P8060107

P8060113

要塞から見下ろしたドナウベンド。
実物は写真より100倍感動的です。

 

P8060122
要塞から降りる途中の山道で遭遇したデカイかたつむり。

 

P8060125

要塞

 

P8060127

王宮。実はヴィシェグラードは見所がわりと多いみたい。

P8060131
ドナウ河を流れる大木。
どこの国から流れてきたのだろうか・・・

 

P8060132
下から見上げた要塞。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

鈴木・J・修一

Author:鈴木・J・修一

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

emo[エモ]

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。